初めてのお客様へ

1.におわず汚れもしっかり落とす新技術 “グリーンドライ”

汚れが再付着しない、回転による遠心力を利用したワンウェイ方式

洗浄中、衣料はもまれたり、引っ張られたり、
叩かれたりしないため、型くずれや繊維の毛羽の脱落を極小に留めます。

 

汚れが再付着しない、回転による遠心力を利用したワンウェイ方式

洗浄中、衣料はもまれたり、引っ張られたり、
叩かれたりしないため、型くずれや繊維の毛羽の脱落を極小に留めます。

 

蒸留装置でいつも新液なので、清潔で衛生的です

衣類を通り抜け汚れた液はすぐに廃液され新液に蒸留されます。
そのため常に新液を吹き付けてクリーニングしますので、清潔で衛生的なのです。白く輝く美しさにあらえます。
界面活性剤(洗剤)は使用しません
界面活性剤は汚れを吸着させる作用がありますが、同時にバインダー(接着剤)の要素もあります。したがってフィルターに全て吸着しないため、衣類に汚れが吸着してしまいます。
グリーンドライは元来洗浄力を持つ溶剤が、衣類を通過させることで汚れを取ります。

 

蒸留装置でいつも新液なので、清潔で衛生的です

衣類を通り抜け汚れた液はすぐに廃液され新液に蒸留されます。
そのため常に新液を吹き付けてクリーニングしますので、清潔で衛生的なのです。白く輝く美しさにあらえます。
界面活性剤(洗剤)は使用しません。
界面活性剤は汚れを吸着させる作用がありますが、同時にバインダー(接着剤)の要素もあります。したがってフィルターに全て吸着しないため、衣類に汚れが吸着してしまいます。
グリーンドライは元来洗浄力を持つ溶剤が、衣類を通過させることで汚れを取ります。

この違い、顕微鏡で見ると明らかです!

2.生地をいためずシミをよく落とします “シルクスピードガン”卓越したシミ抜き技術

従来のシミ抜き技術の問題点

【機器の問題点】
従来のスプレーガンは芯のある霧で、圧力をかけてシミを落とそうとするものです。
このため、スプレーの圧が強く当たってしまう部分が傷んでしまう可能性が高い問題がありました。
また溶剤を霧化して吹きかけるのですが、粒子が粗いため生地の網目を広げてしまう問題もありました。
 
【溶剤の問題点】
シミには様々な原因があります。よくあるパターンだと、口紅がついた、コーヒーをこぼした、鼻血がついてしまった、ボールペンのインクがついた、などが挙げれられると思います。
実はこれら全て、同じ「シミ」では片づけることができません。
油溶性・タンニン・タンパク質・染料・色素など「シミ」の原因になるものは多種あり、当然これらを落とすための溶剤も多種にわたります。
これら原因の見極めが不確かだと、「落とせませんでした」と返されてしまうことがあります。

マツオカの自慢の染み抜き技術と”シルクスピード感”

【シルクスピードガン】
微粒子のこまかなキリ状の溶剤をムラなく噴射できるので、生地を傷める心配がすくなくデリケートなシミ抜き作業が安心しておこなえるようになりました。
なんと従来型の3倍以上のパワーを発揮しますが、着物のシミ抜き機としても使われています。
それだけパワーがありながら、デリケートな素材にも対応できる最新鋭機ということができます。
 
【マツオカのシミ抜き技術】
マツオカクリーニング工場では、みなさまからお預かりする衣類を、できるかぎりキレイにしてお返ししたい、と研究を重ねた結果「シンプル・イズ・ベスト」に落ち着きました!
1つのシミ抜き剤で油性・水性・色素のシミが取れると良いのでは?と考えました。そして、後は、古くなって酸化した黄変のシミ(黄ばみ)を除去する漂白剤を使えばたいていの問題は解決するのだ、と気づいたのです。
だからこそ、マツオカクリーニング工場では自信をもってお安い料金の上「成功報酬制」で特殊シミ抜きをすることができるようになったのです。

3.ワイシャツのエリ・カフスを復元します “ストレッチプレス”
 

ワイシャツは洗うたびにエリとカウスが縮み、内側にタテジワができるもの。
クリーニングに出せば出すほどどんどん縮んできて、買った時と比べて全然サイズが違ってきている。
そうお考えではありませんか?諦めていらっしゃいませんか?
 
マツオカクリーニングの「消臭ワイシャツ 復元プレス付き」ではそのようなことが一切ございません!
最新鋭機のストレッチプレスで縮んだエリと袖を1~2cm伸ばし、ほとんど元のサイズに戻します!
当店のこだわりをご紹介させて頂きます。

 エリ・カウスを復元します 

最新鋭の復元プレス機で、縮んだエリやカウスを新品時の状態にその都度、伸ばして復元します。
 

 しっかりプレス 

全体をしっかりプレスしますので、ツヤが違います。
高温プレスで伸びにくい綿素材のシワもばっちりです。
 

 全品2度洗い

1度目は酵素が働く40℃の水で予備洗い。
2度目は60℃の温水で本洗い。驚きの白さに仕上がります。
 

 天然のり使用

硬いだけの化学のりと違い、硬さとしなやかさがあるタピオカを原料とした、肌にも環境にもやさしい 天然のりを使用します。また、ノリの硬さ加減も選んで頂けます。

 急品無料

お急ぎの場合は急品で仕上げます。朝11時のお預かりで夕方5時にお渡しできます。お気軽にお申し付けください。
 

 エリ・カウスを復元します

最新鋭の復元プレス機で、縮んだエリやカウスを新品時の状態にその都度、伸ばして復元します。
 

 ボタン点検

10種類の替えボタンを常備。
割れたり、取れてしまったボタンの付け直しも無料でご対応させて頂きます。

他店にはない新技術を使いこなす達人集団

クリーニングのマツオカには、国家資格で厚生労働省認定の「クリーニング師」が4名と「衣料管理士」1名が常在しております。これは、大阪市福島区では最多で、他の地域のクリーニング工場とくらべても、名実ともに誇れる「達人集団」なのです。

クリーニング師とは

クリーニング業は、その名も「クリーニング業法」という法律にもとづいてさまざまな規制や監督が行われていますが、「クリーニング師」という者は、取次店のような衣類の受け渡しだけを行う場所ではなく、機械などをそなえて衣類などをそのままクリーニングする「洗濯物の処理をおこなう施設」に必ず1人以上いなくてはならない国家資格保持者です。
ですので、本来ですとマツオカクリーニング工場の場合には、本社工場に1名いればいいだけの「クリーニング師」ですが、弊社では、品質を重視するため、4名もの国家資格者を在籍させています。

衣料管理士とは

衣料管理士とは、(社)日本衣料管理協会が主催する試験により取得できる資格で、アパレルメーカーや消費者センターなどでメーカーとお客様の間にたって情報提供やアドバイスを行うことをおもな仕事とする専門士のことです。
マツオカクリーニング工場では、よりお客様の立場にたったクリーニング運営が行えるように、衣料管理士を1名置いています。

笑顔で受付・対応

おかげさまで地域一番の人気店となり、ご覧の通り、いつもお預かりした衣類でいっぱいの店頭ですが、タグの付け間違いなどトラブルにならないように、スタッフ一同常に心がけています。
会員様の情報を的確に処理できるレジスターを導入し、会員様への各種割引サービスにも努力しています。
気持ちよい接客ができるようにトレーニングを続けていますが、忙しくなるとつい笑顔を忘れてしまいがちなので、お気づきの事があればお気軽にお声かけお願いします。

お問い合わせ

06-6451-5740
【電話受付時間】/ 9:00~18:00
お問い合わせ