会社概要

会社概要

商号

有限会社松岡クリーニング工場

所在地

〒553-0001 大阪市福島区海老江5-6-19

連絡先

TEL)06-6451-5740   FAX)06-6451-6503

創業

大正14年12月14日

代表者

國重 義博(くにしげ よしひろ)

従業員数

社員 4名 アルバイト・パート 29名
※うちクリーニング師 4名、衣料管理士 1名

代表挨拶

代表取締役
國重 義博

  クリーニング業界は戦後衣食住の1つ、衣類の公衆衛生を目的として、厚生省(現厚生労働省)認可管下のもと、公衆衛生の一環として業界も発展してきました。しかし経済の発展とともに、衣類を取り巻く環境も変化し、ファッションの多様化にともない、公衆衛生から衣類のメンテナンス業としての色が濃くなってきました。世界的に見ても日本はクリーニング需要は高い国でしたが、平成7年ピーク時は約9000億円クリーニング需要から、現在3700億円まで下がってきています。原因はクリーニング代の低料金化、家庭洗濯機の高性能化、家庭洗濯ができる服の増加なども考えられますが、日本全体の問題である人口減少も大きな要因と考えられます。
 四季に応じて『衣替え』という慣習で定期的にクリーニングを利用する方はもちろん、すぐに仕上げてほしい方、カビが生えてたなどのしみ抜きを要望する方、保管してほしい方等、お客様のニーズも時代とともに変化してきてます。
 また衣類自体も海外で生産されたり、今まで使われてなかった素材や付属品を用いた衣類も急増しています。衣類のメンテナンス業として、ただ洗ってアイロンかけて返すのでなく、プロとして「これは洗わない方がよいですよ」「この素材はクリーニングには適してませんので、購入するとき気をつけた方がよい」などのアドバイスができるクリーニング店を目指します。お客様の本当のご要望にお応えできるよう日々精進する毎日です。
 

マツオカに込めた想い

当社は創業1925年(大正14年)。
創業90年を超える歴史を刻んで参りました。
当時、大阪は第二次市域拡張を敢行、人口200万人を超えて当時の東京市を抜いて人口日本一、世界でも第6位の大都市に成長し、大阪市民は誇らしげに「大大阪」と呼び合ったと言われます。
創業者は國重作太。現社長の祖父にあたります。2代目は父義和(現会長)。
國重家三代で事業を継承しながら、社名は「松岡クリーニング工場」。
実はこれには理由があります。祖父の作太は山口県下松市出身。
明治生まれの祖父は維新の立役者となった長州人の矜持が息づきます。
ともに事業を立ち上げた盟友の松岡氏。
彼が山口出身の外交官松岡洋右の縁筋にあたる人物だったこともあり、名高い松岡洋右さんにあやかろう、そうした熱い思いを込め、屋号に「松岡」を盛り込みました。
今でいうところの「ブランディング」の構築だったと思います。
希望に燃える地方出身者が世界トップクラスの大都市で、郷土の誇りを胸に、刻苦研鑽、ひと旗掲げる。
大大阪全体の巨大なインキュベーションの中で、國重家がかざし続ける独立自治の旗は、世界特許技術第1号機導入に結び付きました。

創業当時
 
本店(現在)

お問い合わせ

06-6451-5740
【電話受付時間】/ 9:00~18:00
お問い合わせ